診療内容について 診療内容について

当クリニックでは、在宅での診療を希望される患者さんに対して、医師が計画的にご自宅を訪問し、診療・治療・薬の処方・療養上のアドバイス等をさせていただいております。症状が安定されている方で月2回程度の訪問が目安となりますが、在宅での緩和ケアや看取りなどご希望に応じて訪問頻度は異なります。また、定期訪問中の患者さんの急変など、緊急の場合に24時間365日の相談・往診が可能ですのでご安心ください。

在宅緩和ケアや在宅の看取りを希望される方は、倉敷中央病院緩和ケア病棟立ち上げに関わり、岡山県で4人(在宅医は1人のみ)しかいない緩和医療専門医である院長國末が責任を持って苦痛緩和に努めます。

医療機器の発達や改良に伴い、在宅でも医療施設とほぼ同様の治療の治療やケアが可能となりました。当クリニックの訪問診療では、以下のような処置や管理が可能です。患者さんの容体・ご要望に寄り添いながら治療を進めてまいりますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

訪問診療で可能な処置や管理
がんの在宅緩和ケア
ご自宅での看取り
中心静脈栄養、経鼻経管栄養などの栄養管理
褥瘡(床ずれ)の在宅での治療
在宅酸素療法
腹水穿刺、胸水穿刺
心不全、呼吸器疾患の在宅管理
認知症、精神疾患の在宅治療
パーキンソン病、ALSなどの特定疾患
糖尿病、高血圧などの慢性疾患